国際Dシネマ映画祭2018がSKIPシティで開催されオープニングセレモニーに参加させて頂きました。

今年は、15周年を記念しオープニング作品として、川口市が製作し、川口を舞台にした映画「君がまた走り出すとき」が上映されました。

この映画祭は、国内はもとより世界中からエンタテイメント性とデジタルの新たな表現の可能性を感じる作品を公募し、次代を担うクリエイターを発掘することにより新たな映像産業の発展に寄与することが目的で開催されています。

今年は、過去最大の98の国と地域から、合計832本の応募があったそうです。

 

 

 

 

メニューを開く

板橋 智之