自民党埼玉県連合会が主催となり、安倍総裁とのタウンミーテングが浦和ロイヤルパインズホテルで多くの自民党員、地方議員が参加し開催されました。

ひと通りのセレモニー後にマスコミを会場から退去頂き、タウンミーティングがスタート。新藤代議士が進行役となり、会場内を安倍総裁と歩き回りながら、一問一答方式で参加者の質問に総裁として、時には総理の立場から丁寧に対応されておられました。

日本一のVIPで誰よりも超多忙な政界の正しくトップリーダーは、気さくに笑顔を交えたり、時には眼光鋭く、我が国の明るい将来を見据えて語って頂いたと思います。

総裁と身近に交流出来る貴重で有益なタウンミーテングでありました。

 

 

日本神社の青ダルマ

過日、6月議会の開会中の休憩時に、飯塚俊彦県議(北3区:本庄市、神川町、上里町選出)から写真にある青ダルマを進呈されました。 ダルマには日本神社と書かれております。

この日本神社は、神社庁登録神社の中で国内唯一「日本」を社名に持つと言われています。

場所は、埼玉県本庄市児玉町の小高い山の頂に鎮座されているそうで、この格式高い神社に是非一度お参りさせて頂きたく思っております。

今まさに、サッカーワールドカップ日本代表がロシアの地で戦っております。

日本(侍)ブルーダルマに、次なる勝利を祈りたいと思うのは私だけではないはずです。

 

ANAインターコンチネンタルホテルで今年も盛大に東京フォーラムが開催されました。

多くの衆参国会議員、櫻井よしこ氏をはじめとするジャーナリストや文化人が駆けつけスピーチをされていました。

こうした政治パーティーを開催する裏には、川口を中心とした大勢の支援者、ボランティアスタッフが支えています。

地元県議会議員としても有難く思うところです。

写真は、代議士と市長を囲んで近くにおられた身近な市議の皆さんと撮らせて頂きました。

 

 

ラグビーワールドカップ2019に向けた改修が進む熊谷ラグビー場を視察してきたので、

これに関する情報、そして、2月定例会で犯罪被害者等支援条例を制定した経緯。

裏面には、仕事と生活の両立支援相談窓口に関する内容をまとめました。

埼玉県では、今の仕事を辞めずに続けることを最優先に仕事と生活の両立を支援しております。

是非、一読下さい。

https://www.tomoyukiitabashi.jp/report/16205.html

 

見沼田んぼに於いて開催されたグラウンドワーク川口の田植え作業に参加させてもらいました。

グラウンドワーク川口は、今年で設立20年目を向える団体です。

主に見沼田んぼにある自然の家を拠点とする活動エリア内の動植物を観察し保護しながら、

昔ながらの手法で米や野菜づくりを地域の子供達と一緒に実践する等、稲作文化や自然教育に

取り組んでいます。

この日は、好天にも恵まれて多くの参加者(保護者・子供)で盛大に楽しく開催できました。

※私もグラウンドワークの関係者です。

 

自民党県議団が主催する正副議長就任祝賀会が開催されました。

議長には、西2区(入間市)齋藤正明(5期)先生が副議長には、南11区(さいたま市緑区)

高橋政雄(3期)先生が就任されました。

二元代表制の一翼を担う議会のトップとして、また、730万人埼玉県民の代表として、

公平公正な円滑なる議会運営に務めて頂けるものと確認をしています。

来年が改選期となる為に1年間の任期となりますが、御二方におかれましては、健康にご留意

頂きながらご活躍されます事を期待すると共に、自民党会派の一員としてしっかりと

お支えしていく覚悟であります。

新緑が眩い素晴らしい天候に恵まれて、川口北東部の自然を満喫しながらウォーキングを楽しんで

もらう企画「グリーンロードウォーキング」が開催されました。

私も所属する川口農業青年会議所が設営を担当する為、その出発式に参加させてもらいました。

川口のキャラクター”きゅぽらん” SR埼玉高速鉄道のキャラキター”たまさぶろう”も登場!

「気温の上昇が予測されるので、水分補給をしながら自身の体調に留意して一日楽しんで下さい!」

埼玉県議会議員として参加者皆様へ激励の挨拶をしていところです。

 

 

川口桜まつり2018

ソメイヨシノがほぼ散ってはいましたが、八重桜が咲き誇っていた文化放送で恒例の川口桜まつりが

好天に恵まれ盛大に開催されました。

この行事は、新郷連合町会と東本郷商店会の共催で行われており今年で28回目となります。

今回も様々な催しが行われ私も地元神輿の輪に入れて頂きほんの少し担がせてもらいました。

地域活性化に繋がるこうした行事を応援してきたいと考えています。

【写真提供:新郷新聞】

 

 

2月定例県議会も3月27日に終了しました。

これを受けて、平成3年度の一般会計予算やトピックスとなる幾つかの政策を取りまとめ県政報告12号を作成しました。

身近なところでは、埼玉県において、本日4月1日より自転車保険への加入が義務となる条例がスタートする事となりました。

高額な損害賠償責任を負う事例が報告されている昨今です。是非お読み下さい。

※この機会に皆さんの自転車に対する保険状況をチェックする事をお勧めします。

https://www.tomoyukiitabashi.jp/report/

この度、県の施設である同センターがリニューアルオープンする事となり、内覧会に参加させてもらいました。

あの東日本大震災3.11から7年が過ぎました。

災害の記憶はだんだんと薄れていくのは人間の性かもしれません。

私達に出来る事は、そうした過去を出来るだけ風化させない努力をする事と考えます。

いつ起こるかわからない自然災害にどう備えるか、体験を中心とした様々なアプローチから特に子供達の学習の場として有効活用してもらいたい施設です。

埼玉県防災学習センター”そなーえ”

メニューを開く

板橋 智之