この度、県政報告19号発行させてもらいました。

表面は、渋谷が本拠地であるNHKの一部施設がスキップシティB街区へ移転する為に川口市と埼玉県が

NHK側と合意する事になった報告です。

裏面は、若者向け契約トラブルについて、例示を上げて県民に注意喚起を促すものとなっています。

今後、駅等の街頭で配布しております。是非ご一読下されば幸いです。

 

新年行事に出席

1月から2月上旬にかけては、様々な新年の行事に出席をさせてもらっております。

毎年お招きを受ける新年会は、市民の皆様と触れ合う絶好の機会である為に、出来る限り

日程調整をして各会場を飛び回っております。

今春4月には選挙が控えているので挨拶も力が入ります!

 

川口市新春交礼会

今年も、川口市総合文化センターリリアメインホールに於いて、新春交礼会が盛大に開催されました。

式典後は、リリアホワイエやホールを使い立食形式の軽い懇親会が行われます。

川口市内の各業種団体、町会、自治会幹部の皆様と新年のご挨拶を交わす等、和やかにひと時を

過ごしました。

 

自民党県議団が集い

12月定例会の合間をぬって自民党県議団全員51名で集合写真を撮影しました。

これは、来年に向けた自民党の県議団ニュースの掲載用に毎年おこなわれています。

考えてみると、私が当選して4回目?毎年、様々な理由から県議団から居なくなった方、

新たに加わる方が居て同じメンバーで撮影する事がありません。

来年は、是非、引退する方を除く全員と新人とで賑やかに撮影したいものだと思いました。

その為には、まず自分です!

12月の土日は、市内各地の自治会や町会で餅つき大会が行われています。

この日も5か所の町会に伺いました。

それぞれ独自の味と企画で季節の風物詩を楽しんでおられていました。

本蓮町会では、境川部屋から佐田の豪さんと佐田ノ国さんがお手伝いに招かれて餅つき大会を

盛り上げてくれました。

今後のお二人の土俵での活躍を祈念します。

本日、芝川と辰井川の河川整備等及び県道埼玉鳩ケ谷線歩道整備を推し進めてもらう為の

要望活動が行われました。

これは、各諸団体の正副会長が県庁に出向き、副知事と面会しそれぞれの更なる進捗を

お願いするものです。

我々地元県議も全員同席し諸課題を共有させてもらいました。

今後も折に触れてこれらの整備の進捗に注視していきたいと考えています。

※写真は、辰井川整備等の正副会長とのものです。

市長の公言通り晴天に恵まれて、川口宿鳩ケ谷宿日光御成道まつりが盛大に開催された。

このお祭りと言えば私が川口市議会議長の時代に第1回が行われ社参奉行役として乗馬し参加

した事が想い出されます。

今回は、地元県議会議員として小姓役で参加させて頂いた。今回も沿道には多くの観覧者が訪れ

お祭りも大いに盛り上がった。

この度、9月定例会の一般質問で取り上げた地域の課題を中心に、県政報告を3種類ほぼ同時に

作成しました。

15号=川口市北東部への新たな警察署の設置について

16号=JR東川口駅へのホームドアと防風雨壁の設置について

17号=アドバンス・ケア・プランニングについて

それぞれの裏面では、虐待通報ダイヤルについてを共通内容として掲載しています。

今後、9月定例会と一般質問を包括した内容で、近々18号を作成するつもりです。

是非、ご一読頂ければと考えています。

 

昨日、9月定例会に於いて4回目の一般質問をさせて頂きました。準備期間が短い中でありましたが、

教育、医療、経済が2つ、地元問題が4つの計8項目について私なりの視点から県政発展に繋がる提言

をさせて頂きました。

埼玉県全体に及ぶ質問はもちろんですが、今回、北東部への警察新設の質問は4回目、東川口駅への

ホームドアの質問は2回目、神根運動場周辺(50mプール)の質問は2回目と以前にも質問した課題

を3項目入れてみました。

質問するまでに何度か担当部局とのヒアリング(質問内容を事前に知らせる打ち合わせ)をするのですが、

質問を繰り返すと全部ではありませんが、少し事態が進展していく場合がある事を感じられたのが今回の

収穫であったと考えております。

今後、質問内容やそれに対する答弁をまとめて県政報告(チラシ等)として皆様に届けたいと考えています。

 

県政報告会

新郷公民館に於いて県政報告会を午後6時半から開催させて頂きました。

体育ホールをメイン会場として、入りきれない方々が視聴覚室及び講座室に移動して頂き3会場を使用、

メイン会場以外は、ライブ映像を中継してモニターでご覧頂きました。

新藤代議士、奥ノ木市長、古川参議院議員、宇田川市議団団長にご来賓としてご挨拶を頂いた後に、

県政報告を約25分間に渡り、パワーポイントで作成した紙資料を基に、これまでの実績と歩み、

そして、来期に向けた政策について話をさせて頂きました。

今回の県政報告会を契機としてこれまで以上に精一杯、残された任期を務めて参りたいと思っております。

 

メニューを開く

板橋 智之